クレジットカード

LINE Payの新プログラム「マイカラー」発表。蓋を開ければ改悪改悪!

こんにちは、けんちょぴです。

あわせて読みたい
LINE Payカードの改悪、代わりのクレジットカードは何だ?こんにちは、けんちょぴです。 今一番愛用しているLINE Payカードの改悪ニュースが飛び込んできました。 LINE Payカードの...

先日LINE Payの常時2%が変更されると発表され、ついに新プログラムが発表されました。

結論から言うと改悪改悪です。
どのようなところが変更されたのか解説していきます。

LINE Payの新プログラムはいつから適用?

2018年5月31日までは旧プログラム(常時2%)で、2018年6月1日から新プログラムの適用開始です。
新プログラム名はマイカラーと名づけられました。

LINE Payの各利用状況により、グリーン、ブルー、レッド、ホワイト、とバッジカラーと呼ばれる4段階にランク付けされ、ランクに応じてポイント還元率が0%~2%となります。

バッジカラー インセンティブ
グリーン ポイント還元率2%(100円につき2ポイント)
ブルー ポイント還元率1%(100円につき1ポイント)
レッド ポイント還元率0.5%(100円につき0.5ポイント)
ホワイト ポイント還元率0%

今後バッジカラーに応じてプレミアムなインセンティブがある予定です。

どのようなインセンティブがあるのか気になるので、LINE Pay公式アカウント(ID:@linepay_jp)もフォロー必須でしょうね。

ちなみにややこしいですが、マイカラーバッジカラーは違います。マイカラーは新プログラムの名称であり、バッジカラーは上記の通り4種類に分けることができます。

 

<スポンサーリンク>

バッジカラーはどのように決まるのか?

改悪ポイントその1です。

バッジカラーによってポイント還元率が決まるので、バッジカラーとはどのような基準で決まるのかがキーとなりそうです。

バッジカラーは各種サービスの利用状況によって決まります。

主な各種サービス

  • 前月20日までのQR/バーコード支払い
  • LINE Payカード支払い
  • オンラインショップでのLINE Pay残高での支払い
  • LINE Pay請求書支払い
  • 送金機能  など

上記の利用状況を集計した結果、毎月1日に変動します。

残念ながら、LINEの説明からでは絶対的な評価で決まることが無さそうです。
むしろ、ユーザー全体と個人の利用状況を元に、相対的な評価で決まるようです。
LINE Payで月◯円以上使ったらグリーン、ブルーとか分かれば、使い勝手がまだよかったです。

ちなみにLINE Payでたくさん支払いしてもグリーンになれるとは限らないようです。個人の利用状況よりも、ユーザー全体の利用状況に応じたバッジカラーの判定がされます。

ポイント付与は月合計10万円までが対象

改悪ポイントその2です。今までは無制限でしたが、この新プログラムマイカラーでは、月々に上限が設けられました。

LINEポイントの還元は月に最高10万円分までが対象となっており、それ以上はポイントが付与されません。つまり、月々の最高ポイント付与は10万円×2%=2,000円分ということです。

ちなみに一括で11万円の商品を買った場合はどうなるのかというと、ポイントが一切付きません。2,000円分のポイントも一切付かないので注意です。

Q:インセンティブのLINEポイントが付与される条件は何ですか?

A:グリーン、ブルー、レッドのバッジカラー保有者には、毎月1日~月末までのお支払い合計金額(上限10万円(税込))に対して、インセンティブのLINEポイントが付与されます。
ポイント付与対象は決済ごとに上限10万円(税込)となります。

ポイント付与の対象外:
– LINE Payに登録したクレジットカードでの支払い
– LINEの友だちへの送金

例)
①一回の支払いが100,001円以上(税込)⇒全額ポイント付与対象外  
 -その後、一回または累計3万円(税込)の支払いをした場合、ポイント対象  
 -当月は残り7万円(税込)までポイント対象

②一回または累計8万円(税込)の支払いをした後に、一回4万円(税込)の支払いをした場合
 ⇒4万円の支払いは全額ポイント対象外  
 -その後、一回または累計2万円(税込)の支払いをした場合
 ⇒ポイント対象 10万円より1円でも多くの商品を一括で買ってしまった場合にはポイントが付きませんので注意です。

引用:LINEホームページF&Q

<スポンサーリンク>




LINE Pay唯一の改善点

今回のポジティブなニュースと言えば、LINE PayのQR/バーコード決済でポイントが付与されるようになったことです。以前まではQR/バーコード決済ポイント付与が一切なかったため、この点においては改善されています。

新プログラム適用の前にやるべきこと

この新プログラムでは、LINE Moneyユーザーが前提です。

自分ってLINE Moneyユーザーか分からない方はすぐに確認してください。

①「ウォレットタブ」をタップ
②「LINE Pay」をタップ
③「設定」をタップ
④「アカウントタイプ」を確認 → LINE MoneyならばOK

万が一「LINE Cash」と表示されている方は本人確認を行いましょう。本人確認には銀行口座の登録をするだけで完了となります。この本人認証が済んでないと、マイカラー対象外です。

LINE Moneyのための本人確認は、格安SIMの場合の方も、銀行口座の登録のみだけなので可能のようですね。

LINE Payのまとめ

間違いなく改悪ですので、今までのようにメインカードとして使用するのは迷ってしまいます。

バッジカラーでポイント2%還元となった月は嬉しいですが、どのような条件でグリーンになれるのか不透明であり、ブルーになったら還元率が1%とガクッと落ちるのが難点です。

しかし、今後バッジカラーに応じてプレミアムなインセンティブがあるとのことですので、それを確認してからLINE Payユーザーになるのもありかと思います。

LINE Payを使う、使わない、いずれにしても今後のLINE Payに目が離せません。

あわせて読みたい
おすすめのクレジットカードは還元率1.2%のリクルートカード!!クレジットカードの改悪続きにより、還元率がトップ水準となったリクルートカードを紹介します。 リクルートカードのHP ポイント還元...

マイカラー制度が改善されました。QRコード決済で最大5%のポイント還元です。

あわせて読みたい
LINE Payが改善!コード支払いで最大5%のポイント還元は最強こんにちは、けんちょぴです。 https://kenchopi-note.com/credit/line-pay2 2018年6月1...
ABOUT ME
けんちょぴ
けんちょぴです。 2016年大学卒で保険SEの仕事をしています。 主に株式投資や仮想通貨、クラウドファンディングなどの運用について書いていきます。 その他保険関係、システム関係、面白そうなことを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です