2%の還元率である「LINE Payカード」の改悪!?

2%の還元率である「LINE Payカード」の改悪!?


こんにちは、けんちょぴです。
今一番愛用しているLINE Payカードの改悪ニュースが飛び込んできました。

LINE Payカードの改悪内容とは?

LINEは3月30日、プリペイドカード「LINE Payカード」向けに提供してきた、利用金額の2%分の「LINEポイント」がたまる特典を、5月31日に終了すると発表した。6月以降は、バーコード支払いを中心に、LINE Pay各種サービスの利用度合いに応じ、最大2%のポイントを還元する方式に切り替える。
引用:ITmedia NEWS

2018年6月1日以降はスマホ決済の「QRコード決済(バーコード支払い)」を中心として、LINE Pay各種サービスの利用度具合に応じて、最大2%のポイントを還元するようです。

以前:何でも2%のポイント付与
今後:最大2%のポイント付与

最大2%っていう所が気がかりです。今後のニュースに期待します。
ネット界隈では、
・LINEの各種サービスを併用でポイントアップ
・月に◯円以上でポイントアップ
と噂がありますが、「LINE Pay各種サービスの利用度具合に応じて」と言っている当たり、前者が濃厚ではないでしょうか。
元々LINE Payはデビットカード扱いで、クレヒスが溜まらないため、敬遠されがちでしたが、1ポイントから使用できることはかなり有能でした。

クレジットカードや電子マネーと比較すると、QRコード決済は普及していません。
しかし、メガバンクの三菱UFJ・三井住友・みずほでは「QRコード決済」の規格を統一したり、ドコモやヤフーなども参入を発表していることから、今後普及していくのでしょうか。

<スポンサーリンク>

LINE Payカードをどれぐらい使っていたのか?

最近ではLINE Payがメインカードで約6,500ポイント貯めていました。LINE Payで30万近く支払っていたことがわかります。こう見ると意外と少ないですね。

LINE Payカードの代わりとなるカードは?

還元率1.2%のリクルートカード、Amazonに滅法強いOrico Card THE POINTが筆頭でしょうか。 クレジットカードについて、今後書いていきます。