クレジットカード

【おすすめ】イオンカードセレクトはイオン株主優待と組み合わせれば最強のカード

 小売業界最大手でもあるイオンが発行しているイオンカードを紹介します。
家の近所や生活動線上にイオンがある方は必ず持っておきたいオススメの一枚です。

イオンカードセレクトってなに?

その名の通り「AEON(イオン)」が発行しているクレジットカードです。
イオンカードセレクトはVISA、MasterCard、JCBから選択することができます。

イオンカードの中でも種類がありますが、特に希望がなければイオンカードセレクトでよいと思います。

<スポンサーリンク>

個人的なイオンカードセレクトのメリット

個人的にイオンを使っていて「便利だなー、おすすめだなー」と思ったポイントを5つ挙げてみました。

毎月20日・30日は買い物代金5%オフ

全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、ダイエーなどの各店舗で、20日・30日のお買物代金がほぼ全てが5%オフとなります。こちらはクレジット払いでもWAON払いでもどちらでもOKです。さらには、イオンクレジットカードの提示だけでもOKなので、現金払いもできます。

ビールやタバコ、ギフト券等は対象とはなりませんが、一般的な食料品ならば対象となっておりますので、ほぼ全て5%と言っても良いでしょう。

毎月5のつく日はWAONポイントが2倍

毎月5のつく5日、15日、25日はお客様わくわくデーです。お客様わくわくデーとは、イオングループでの買い物でWAONポイントが2倍となるサービスデーです。

基本的にWAONポイントは200円毎に1ポイントですので、お客様わくわくデーには200円毎に2ポイント付与されます。

イオン銀行のATM利用引き出し手数料が24時間365日無料

イオンカードセレクト使用者限定の条件です。
そもそもイオンATMを設置している場所は限られていて、さらに24時間営業しているところなんてミニストップぐらいのイメージですが、便利なポイントです。

イオン銀行の普通預金金利が0.1%になる

三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクの預金金利は約0.001%と、スーパー低金利です。

そんな中イオンカードセレクトを保持していると、イオン銀行の預金金利は0.1%と、メガバンクの100倍相当の金利を得ることができます。
2018年4月1日以前は無条件で0.1%でしたが、それ以降は特定の条件を達成することにより0.1%となる仕組みとなりました。

しかし、どんぐりの背比べといいますか、預金金利は雀の涙ですので、預金金利は当てにしない方がよいでしょう。

イオン株主優待の3%~7%キャッシュバックと併用可能

こちらは、クレジットカードの特典ではありません。

イオンの株主優待を持っていると、オーナーズカードを持つことができ、保有株数に応じて3%~7%のキャッシュバックを受けることができます。

イオンの株主の方は、毎月20日30日は実質およそ8%引きで商品を購入できる計算となります。

けんちょぴ
けんちょぴ
実質8%引きなんて毎日通っちゃうよ。※実質8%引きは20日30日のみ

ここまでの5つのポイントをまとめます。

  1. 毎月20日・30日は買い物代金5%オフ
  2. 毎月5のつく日はWAONポイントが2倍
  3. イオン銀行のATM手数料が常に引き出し手数料無料
  4. イオン銀行の普通預金の金利が0.1%となる
  5. イオン株主優待の3%~7%のキャッシュバックも受け取ることができる
<スポンサーリンク>




個人的なイオンカードのデメリット

イオン以外のポイント還元率が悪い

イオンでの利用時には1%の還元率も、他の場所で使用する場合には0.5%まで落ちます。

無料のクレジットカードの中には常時1%のカードや、それを超えるカードもある中、0.5%のカードをわざわざ使用する価値はあるのでしょうか。個人的には使用する価値はないと思います。

ときめきポイントとWAONポイントと別々で面倒くさい

イオンカードセレクトのクレジットでお支払いをすると、ときめきポイントが貯まります。
イオンカードセレクトのWAONでお支払いをすると、WAONポイントが貯まります。
これが地味に面倒くさいです。

1%の還元率となるのは、
イオンカードセレクトでのクレジット支払い→ときめきポイントが貯まる
・オートチャージしているWAONの使用→WAONポイントが貯まる
です。
そのため、WAONなのかクレジット支払いなのかはっきりさせた方が良いです。

暮らしのマネーサイト(公式HP)のログインが面倒くさい

通常のサイトならば、ユーザーIDとログインパスワードのみだと思います。しかし、イオンのホームページでもある、「暮らしのマネーサイト」はメールでのワンタイムパスワード制となっております。

セキュリティ重視という観点ならば、確かに必要な機能ですが、毎回毎回ログインするのが煩わしくなります。

一応ワンタイムパスワードで認証しない方法もあるようですが、何度変更しても同じようになってしまうので諦めました。

ポイント交換が1,000ポイントから

ポイントは1,000ポイントから500ポイント単位で交換ができます。

1,000ポイント貯めるには、10万円分の買い物が必要です。ポイントの有効期限は2年間であり、

・イオン以外のポイント還元率が悪い
・ときめきポイントとWAONポイントと別々で面倒くさい
・ポイント交換が1,000ポイントから

イオンカードセレクトのまとめ

結局どんな人が持つべきカードなの?
けんちょぴ
けんちょぴ
イオンが近い人以外は使う必要性は感じないかな

近所にイオンがあれば、イオン専用カードとして持ち歩き必須です。一方でイオンが近所に無い方は特に作成する必要はないかと思います。

けんちょぴ
けんちょぴ
ちなみにイオンの株主優待と組み合わせれば最強なカードになるよ

追加特典で、イオンカードセレクト払いでイオンシネマの映画が300円引き、毎月20日、30日は1,100円で観られます。
映画好きにはたまらない特典となっています。

また、直近1年間のカードショッピング100万以上の方には年会費無料のゴールドカードも発行していますので、ゴールドカードを手に入れたい方にもおすすめのカードです。

イオンカードセレクトの申し込みはこちらから

ちなみにイオンSuicaカードも持っておりますが、こちらの使い勝手はあまり良くありませんので、ビックカメラSuicaカードをおすすめします。

あわせて読みたい
おすすめのクレジットカードは還元率1.2%のリクルートカード!!クレジットカードの改悪続きにより、還元率がトップ水準となったリクルートカードを紹介します。 リクルートカードのHP ポイント還元...
ABOUT ME
けんちょぴ
けんちょぴです。 2016年大学卒で保険SEの仕事をしています。 主に株式投資や仮想通貨、クラウドファンディングなどの運用について書いていきます。 その他保険関係、システム関係、面白そうなことを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です