クレジットカード

【3つクレジットカード紹介】『ゴールドカード』を完全無料で持つ方法や条件は?

こんにちは、けんちょぴ(@kenchopi17)です。

誰しもが憧れるゴールドカード。憧れのためだけに1万円の年会費を払うのはバカバカしい!私もその考えです。

だとすると、このように考えることもできます。『無料でゴールドカードを持つことはできないのか?』

そんなことから今回は、無料でゴールドカードを持つことができるクレジットカードを紹介します。条件もありますので、参考にしてみてください。

この記事を読んでほしい方
  1. ゴールドカードが無料で欲しい
  2. 無料で持つことができるゴールドカードの条件が知りたい

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードは自分から申し込むことができません。一定の条件を満たしている方にゴールドカードのインビテーションが届くと、公式サイトにも載っております。

直近年間カードショッピング100万円位上の方に発行しております。(※)

※他の一定の基準を満たしたお客さまにも発行しております。

他にも『イオン銀行の住宅ローンを利用』すると、ゴールドカード発行と公式サイトに載っております。

インターネット上では下記条件でもゴールドカードのインビテーションが届くと言われています。

  1. カード利用金額累計が500万円以上
  2. 年間のカード利用件数が120回以上 AND 利用金額80万円以上
  3. イオングループの利用が直近一年間で60万円以上

イオン銀行に定期預金を500万円以上や、投資信託を100万円以上購入するとインビテーションが届いていたようですが、最近では厳格化されたようです。そのため、このイオン銀行系の特徴ではゴールドカードが発行できなさそうです。

イオンゴールドカードを無料で持つ条件

イオンゴールドカードを無料で持つことができる条件で、公式サイトでもアナウンスされていますので確定です。

  1. 直近の年間カードショッピングが100万以上
  2. イオン銀行の住宅ローン利用

不確定ですが、下記の噂もあります。

  1. カード利用金額累計が500万円以上
  2. 年間のカード利用件数が120回以上 AND 利用金額80万円以上
  3. イオングループの利用が直近一年間で60万円以上

<イオンゴールドカードのまとめ>

申込み方法インビテーションのみ
還元率0.5%(200円につき1ポイント)
国際ブランドVISA / MasterCard / JCB
空港ラウンジの利用羽田空港第一・第二旅客ターミナル
保険付帯国内海外旅行保険(最大3,000万円),ショッピング保険(年間100万円)
おすすめ度

▼まずはイオンカードから申し込む▼

イオンカードセレクトの公式HPへ👈

<スポンサーリンク>

セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス(ゴールド)も無料で持つことができます。しかし、前述のイオンゴールドカードと比べると、確定条件はないようです。

不確定条件ではありますが、インターネット上で、下記のように言われております。

  • 年間100万円以上のセブンカード・プラスの利用
  • セブン&アイの店舗で年間60万円以上の利用

ただ残念なところが、特典が良くないです。還元率が0.5%(200円で1ポイント)だったり、空港ラウンジが羽田・成田のみしか使えないこと。羽田・成田しか利用しない方には、何も問題ありませんが、他の空港ラウンジも使いたい方は、他のゴールドカードと比較して見劣りします。その他にも国内海外旅行保険の付帯もありません。

セブンカード・プラス(ゴールド)を無料でもつ条件
  • 年間100万円以上のセブンカード・プラスの利用
  • セブン&アイの店舗で年間60万円以上の利用

※ネット上の噂、不確定です。

<セブンカード・プラス(ゴールド)のまとめ>

申込み方法インビテーションのみ
還元率0.5%(200円につき1ポイント)
国際ブランドVISA / JCB
空港ラウンジの利用なし
保険付帯ショッピング保険(年間300万円)
おすすめ度

▼まずはセブンカード・プラスから申し込む▼

セブンカード・プラスの公式HPへ👈

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードを持つ方法は2種類あります。一つは自分から申し込む方法。もう一つはインビテーションが届く方法です。

自分から申し込む場合は、年会費5,000円掛かりますが、年間50万円以上の利用で翌年度以降が永年無料となります。こちらは公式HPにアナウンスされていますので、確実です。

インビテーションが届いた場合は、初年度から永年無料です。インビテーションが届く条件は公式にアナウンスされていないので、詳しくは分かりません。1年間エポスカードで50万円以上使用すると届くようです。こちらもあくまでネット上での噂ですが、信頼性は高いと思われます。

50万円も利用しない方は、投資信託を購入してみてはいかがでしょうか。投資信託って銀行口座での引き落としが普通ですが、tsumiki証券(つみき証券)ではエポスカードを通じて購入することができます。

【画像で説明】tsumiki証券(つみき証券)の口座開設方法をサクッと紹介こんにちは、けんちょぴ(@kenchopi17)です。 ついに始まるクレジットカードで積立投信。通常の銀行引き落としと違って、クレ...

投資信託は無理なくコツコツ積み立てることができます。例えば月4万円積み立てるとそれだけで年間48万円です。目標の50万円まであと2万円のため、すぐに手が届くでしょう。

エポスゴールドカードはそれで特典も豊富です。空港ラウンジも国内海外合わせて22ヶ所と網羅しています。

エポスゴールドカードを無料でもつ条件
  1. 年間50万円以上の利用で翌年以降が無料
    ※公式アナウンス
  2. 1年間で50万円以上の利用でインビテーションを受け取る
    ※非公式アナウンス。50万が目安と言われている

<エポスゴールドカードのまとめ>

申込み方法インビテーション&自分から
還元率0.5%(200円につき1ポイント)
国際ブランドVISA
空港ラウンジの利用国内海外計22ヶ所(羽田・成田・ホノルルなど)
保険付帯海外旅行保険(最大2,000万円),ショッピング保険(有料)
おすすめ度

▼まずはエポスカードから申し込む▼

エポスカードの公式HPへ👈

おまけ:会社の福利厚生

実は、私は会社の福利厚生でゴールドカードを保有しています。もちろん年会費は無料です。無料ながら、本当のゴールドカードさながらの特典が受けられます。

しかし、この福利厚生はどこの会社にでもあるわけではありません。一度働いている会社の福利厚生を調べてみてはいかがでしょうか。

  • 三井住友VISAゴールドカード
  • DCゴールドカード
  • NTTグループカードゴールド
  • KKRメンバーズカード
  • TS CUBIC CARD
  • JCBビジネスカード

などがあるようですね。

無料で持てるゴールドカードのまとめ

いずれも最初からゴールドカードを無料で持つことは難しいです。1年間利用してインビテーションが届くことを期待しましょう。

イイオンゴールドカード
セブンカード・プラス(ゴールド)
エポスgおゴールドカード

個人的にはエポスゴールドカードが簡単に取得しやすいです。空港ラウンジ22ヶ所利用できることや、ポイント還元などの面から見ても一番おすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です