クレジットカード

【使って気づいた】エポスカードのデメリットは何?メリットだけではない!

エポスカード

こんにちは、けんちょぴです。

気がつけば年会費無料の『エポスカード』を利用して5年経ちました。エポスカードのメリットは下記にまとめています。

エポスカード
【優待充実】エポスカードはサブカードとして優秀でお得なクレジットカードこんにちは、クレジットカードを15枚以上保持して使いこなしているけんちょぴです。 今回紹介するクレジットカードは、OIOI(マルイ)系...

エポスカードはメインカードとして使用していないものの、サブカードとして常に持ち歩いています。

なぜメインカードなれないのかと言うと、他のクレジットカードと比べてデメリットがあるからです。

今回はエポスカードのデメリットについて説明していきます。

  • なぜ、エポスカードはメインカードになれないの?
  • なぜ、サブカードなの?
  • エポスカードのデメリットは何?

▼年会費無料のエポスカードを申し込む▼

公式HPはこちら

ポイント還元率が低い

エポスカードのポイント還元率は基本的に0.5%です。

エポスポイント

つまり200円に1ポイントです。この水準はイオンカードセレクトと同じです。

【使って気づいた】イオンカードセレクトのデメリットは?日常では使いにくい?こんにちは、けんちょぴです。 クレジットカードを作ってから『こんなのであれば、作らなければ良かった』と、意外と使いにくかった経験ないで...

ちなみに基本的にリボ払いはあり得ませんので、ポイントに釣られてリボ払いをしないようにしましょう。

しかし、今の日本にはポイント還元率1.0%超えのカードはたくさんあります。特にリクルートカードは年会費無料でありながら、1.2%のポイント還元率です。

【還元率は驚異の1.2%】リクルートカードおすすめ理由を6つのポイントで紹介こんにちは、けんちょぴです。 皆さんクレジットカードはどのような理由で選んでしますか? ブランド力・ステータス お得な優待...

このような無料で高還元率と比較してしまうと、エポスカードの0.5%ポイント還元は少なく感じてしまいます。

▼簡単にポイント還元率を比較しました▼

クレジットカード ポイント還元率
エポスカード 0.5%
イオンカードセレクト 0.5%(1.0%)
リクルートカード 1.2%
楽天カード 1.0%
オリコカード 1.0%
LINE Pay 0.5%~2.0%
<スポンサーリンク>

ポイントの有効期限が2年間

(正直ポイント有効期限が2年間は長い方ですので、そこまでデメリットではありません。むしろ、メリットかもしれません。中には『3ヶ月後にポイント消滅』というカードもありますので。)

ポイントを放置していて、気がついたらポイントの有効期限が切れていた。という経験がありませんか?

エポスカードのポイント有効期限は2年間と比較的長いものの、還元率が良くないので忘れがちです。

ポイントを忘れがちの方でも大丈夫です。エポスポイントは、1ポイント単位で使えるので、すぐにポイント交換できます。

『Amazonギフト券』や『エポスVisaプリペイドカード』ならば1ポイントから使えます。

さらに、実はエポスゴールドカードになると、そもそも有効期限という概念もなくなります。

『でも、ゴールドカードって年会費掛かるんでしょ?』

通常エポスゴールドカードは5,000円の年会費が掛かります。しかし、エポスカードを使い続けると、無料でゴールドカードを持てるインビテーションが届くことがあります。

一説によると、年間50万円以上の使用でインビテーションが届くようです。

エポスゴールドカードには次のようなお得な特典があります。

  1. 年会費無料
  2. エポスカードよりも優待店が充実
  3. ボーナスポイントあり
  4. 自分で選択したお店がポイント3倍
  5. ポイント有効期限がない
  6. 海外旅行傷害保険の自動付帯が1,000万円
  7. 国内・海外の空港ラウンジを無料で利用

国際ブランドはVISAのみ

多くのクレジットカードは、MasterCard(マスターカード)やJCBなどの国際ブランドを自由に選べることが多いです。

残念ながら、エポスカードの国際ブランドはVISAのみと決められています。

しかし、VISAであれば国内・海外ともに不自由なく使えます。

nanacoチャージ不可

国際ブランドがVISAのため、やはりエポスカードは『nanaco』にチャージすることができません。

nanacoチャージする際には、二重取りできるかどうかが大事ですので、チャージできないのは残念です。

しかし、同じような電子マネーでもある『楽天Edy』には、エポスカードからチャージすることができます。

楽天Edyにチャージする際も、エポスカードのポイント還元率は0.5%ですので、1,000円チャージすると5ポイント貰えます。

さらに、楽天Edyでも200円使った毎に、1ポイント貯まります。そのため、合計すると1.0%までポイント還元率が上がります。

しかし、同じようなチャージ方法では、リクルートカードを使えば合計1.7%まで還元率が上がります。楽天Edyのチャージはリクルートカードの方がおすすめです。

【還元率は驚異の1.2%】リクルートカードおすすめ理由を6つのポイントで紹介こんにちは、けんちょぴです。 皆さんクレジットカードはどのような理由で選んでしますか? ブランド力・ステータス お得な優待...

デメリットのまとめ

デメリットはあるものの、メリットが凄すぎるのぜひ持っておきたいクレジットカードです。

強いて言えば、次の方にとってはエポスカードが必要ありません。

エポス優待店、マルコとマルオの7日間を使わない方

エポスカードの強みはポイント還元率ではなく、優待店舗の充実です。

例えば、私がよく使用する『楽蔵うたげ』では10%オフです。

『ポイント還元率の1.2%』と『ポイント還元率0.5%+会計10%オフ』の、どちらがお得だと思いますか?

圧倒的に『ポイント還元率0.5%+会計10%オフ』のエポスカードです。

たまたま『楽蔵うたげ』を例に出しましたが、他にも様々なお店でこのような優待があります。ポイント還元率に惑わされず、実際の値引率を考慮しましょう。

また、マルコとマルオの7日間で10%オフとなることも強みです。

マルイで買い物をする方は、このマルコとマルオの7日間に照準を合わせても良いでしょう。

また、エポスカードは店頭入会もできますが、確実にネットでの申し込みの方がお得です。

例えば、店頭では2,000円分のポイントプレゼントとかありますが、ネットの場合8,000円分のポイントプレゼントとかが普通にあります。

▼最大8,000円分のポイントプレゼント▼

公式HPはこちら

エポスカード
【優待充実】エポスカードはサブカードとして優秀でお得なクレジットカードこんにちは、クレジットカードを15枚以上保持して使いこなしているけんちょぴです。 今回紹介するクレジットカードは、OIOI(マルイ)系...
ABOUT ME
けんちょぴ
けんちょぴです。 2016年大学卒で保険SEの仕事をしています。 主に株式投資や仮想通貨、クラウドファンディングなどの運用について書いていきます。 その他保険関係、システム関係、面白そうなことを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です