株主優待

【スマホ】株主優待で安くなる格安simや大手キャリアのまとめ

大手キャリアなら毎月8,000円、格安SIMでも3,000円ぐらい携帯料金が掛かります。

そんな中、「株主優待で月々の携帯料金をもっと下げられたら。」と思った方はいるのではないでしょうか。

そこで簡単ではありますが、どこの株式を保有していれば携帯料金が安くなるのかまとめました。

大手キャリアや格安SIMも含んで株主優待を比較していますが、思ったより少ないです。

大手キャリア

ドコモ、au、SoftBankの3社のことを指しています。

ドコモ

NTTドコモ(9437)は携帯料金が安くなる株主優待はありません。

昔は機種変更の際に使用できるクーポン券があったようですが、2年縛りのため使い勝手が悪く、廃止されたようです。その代わり配当利回りは高いです。

au

残念ながらKDDI(9433)はカタログギフトのため、携帯料金を安くさせることができそうにはありません。

保有株式数と保有期間によってカタログギフトの金額が変わります。こちらも昔はau端末の割引クーポンがあったようですが、廃止されたようです。

SoftBank

SoftBank(9984)の株主優待で、大手キャリアの中でも唯一の割引があります。

まずSoftBankの携帯電話(ガラケーやスマートフォン)を使用している方は、株主優待で利用料金から6ヶ月間1,000円割引です。

また、SoftBankのタブレット使用者は、6ヶ月間500円の割引です。

さらに、「Yahoo! BB 光 with フレッツ」や「SoftBank 光」などの光回線、「SoftBank Air」等のインターネット契約をしている方は、950円~1,450円の割引があります。

株主優待の権利確定日は3月と9月の年2回ですので、スマートフォンとインターネット契約をしている方はおよそ30,000円割引となるかもしれません。これに配当金も合わせると利回りは凄いことになります。

ちなみにちゃんとスマートフォンとインターネットの割引は併用可と公式HPに書いてありますのでご安心ください。

<スポンサーリンク>

格安SIM

Y!mobile(ワイモバイル)

SoftBank(9984)の株式保有者は、株主優待でこちらも利用料金から6ヶ月間-500円の割引です。

LIBMO

TOKAIホールディングス(3167)を保有していれば1年間無料(月額最大1,880円×12ヶ月)となります。

しかし、この特典は2017年9月末と、2018年3月末の2回のみの限定株主優待の予定です。
そのため、今後株主優待を取得しても、この特典は受けられない可能性が高いです。

TOKAIホールディングスについて詳しくは下記に書いています。

あわせて読みたい
TOKAIが長期保有できる点を説明。株主優待はおすすめで今後にも期待です。こんにちは、けんちょぴです。 TOKAIホールディングス(3167)の株主優待は年2回あり長期保有中です。なんで株を購入しましたのか、...

LIBMO自体は株主優待がなくても、激安ですのでおすすめです。

\今なら最大6ヶ月間1,000円引き/

LIBMOを調べる

実際に私も使用しています。 

あわせて読みたい
【格安SIM】LIBMOの申し込み方法から始め方まで説明しますこんにちは、けんちょぴです。 先日格安SIMであるLIBMOを申し込みました。せっかくなので、LIBMOの申込方法から使用するまでを説...

DTI SIM

フルスピード(2159)または、フリービット(3843)を保有していると、新規契約時の事務手数料3,000円が無料となります。

また、容量が10GBの各プラン(データ、データSMS、音声)のみ月額基本料金最大3ヶ月分無料となります。

最大2,800円相当のため、2,800円×3ヶ月で8,400円分の割引です。こちらは両社とも年1回の権利確定のようです。

※と思ったのですが、この株主優待も2017年4月末で終了してしまったようです。

U-mobile

USEN-NEXT HOLDINGS(9418)(旧U-NEXT)を保有していると、U-mobileの「通話プラスワンプラン」の初期費用が無料となり、さらに5,000円分がキャッシュバックとなります。

\月々680円から使用可能/

U-mobileを調べる

まとめ

キャリア 事務費手数料 月額 頻度 備考
ドコモ × × ×
au × × ×
SoftBank × -1,000円×6ヶ月 年2回
Y!mobile × -500円×6ヶ月 年2回
LIBMO × 1,880円×12ヶ月 年2回 2017/9末、2018/3末の限定
DTI SIM 3,000円 2,800円×3ヶ月 年1回 2017年4月末で終了した?
U-mobile 3,394円 5,000円 年2回

このようにまとめてみると、全然ありません。

今から株式を購入しようと思ったら、SoftBankかU-mobileにしか適用できません。

格安SIM系などの会社でもっと株主優待を充実させてくれれば、良いなと思います。

ここからはオススメ記事です。

携帯料金を支払う際には、高還元率のリクルートカードがおすすめです。

あわせて読みたい
おすすめのクレジットカードは還元率1.2%のリクルートカード!!クレジットカードの改悪続きにより、還元率がトップ水準となったリクルートカードを紹介します。 リクルートカードのHP ポイント還元...

こちらはよく読まれいてる記事です。Amazonのおすすめ品を書いています。

あわせて読みたい
【2018年まとめ】Amazonで買って良かったもの・捗ったものこんにちは、けんちょぴです。 Amazonで購入して、良かったもの、捗ったものを紹介していくコーナーです。 順次更新して行きます...

株主優待であれば、オリックスもおすすめです。高配当・株主優待・好業績と三拍子が揃っています。

あわせて読みたい
オリックスの株を購入した理由は…株主優待・高配当・業績の点が魅力!こんにちは、けんちょぴです。 私はオリックスに魅力を感じ、株を購入しました。どのような魅力があるのか解説していきます。 オリックスの...
ABOUT ME
けんちょぴ
けんちょぴです。 2016年大学卒で保険SEの仕事をしています。 主に株式投資や仮想通貨、クラウドファンディングなどの運用について書いていきます。 その他保険関係、システム関係、面白そうなことを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です