クレジットカード

LINE Payが改善!コード支払いで最大5%のポイント還元は最強

こんにちは、けんちょぴです。

LINE Payの新プログラム「マイカラー」発表。蓋を開ければ改悪改悪!こんにちは、けんちょぴです。 https://kenchopi-note.com/credit/line-pay 先日LINE Pa...

2018年6月1日より始まったマイカラープログラムは酷い改悪でしたが、新たなアップデート情報が舞い込んできました。

はっきり言って内容が凄すぎます。ユーザーのバッジカラーに応じて最大5%のポイント還元が受けられるようになりました。しかし、全ての決済において5%のポイント還元ではないことが注意です。

それではどんな内容なのか説明します。

LINE Payは何を発表したのか

2018年6月28日にLINE PayはQRコード決済の普及に向けた施策を発表しました。おもに3つの点を発表しました。

  1. 事業者向けの「LINE Pay 店舗用アプリ」を提供開始
  2. LINE PayがQUICPayに対応
  3. LINE PayユーザーがQRコード決済をした場合には、ポイント3%上乗せ

一つずつ紹介していきます。

<スポンサーリンク>

事業者向けの「LINE Pay 店舗用アプリ」を提供開始

2018年6月28日より「LINE Pay 店舗用アプリ」のサービスが開始されました。この店舗用アプリでは主に2つの機能あるようです。

 

引用:Engadget Japanese

レジ機能

LINE PayのQRコード決済が可能となります。

通常のクレジットカード決済等では、店舗側が手数料として徴収されています。詳しい率は分かりませんが、クレジットカードは3%~5%の手数料を店舗が負担しているとも言われており、導入に踏み切れない店舗がいることは事実です。

特に安く商品を提供している店はコストを切り詰めているので、クレジットカードNGな店が多いです。例えばサイゼリヤや日高屋等が原則クレジットカードや電子マネーが使用できません。

もちろんクレジットカードを導入すれば、客数増加も見込めますので、一概にクレジットカードが悪いというわけではありません。

しかし、このLINE PayのQRコード決済では2018年8月1日~2021年7月31日の3年間は0%の手数料となっております。このような手数料無料キャンペーンがあるので、導入に踏切店舗も増えるのではないでしょうか。

通常支払う手数料分を一般国民に還元できるならば、悪い話ではありませんね。ぜひともクーポン配布等で還元して欲しいです。

メッセージ配信機能

店舗アカウントと連携することによって、アカウントの友達となったお客さんに1,000通/月までメッセージ配信が可能になります。決済をきっかけにキャンペーンの案内やクーポンの送付など販促に活用できます。

すべての商品を値下げすることは現実あり得ないと思いますので、上述の通り、クーポン送付などによる還元を実施して欲しいです。

LINE PayがQUICPayに対応

2018年秋から全国約72万ヶ所のQUICPay加盟店で、スマートフォンを用いて支払いができるようになります。

対象端末はAndroidのみでiPhoneは対象ではありませんのでご注意下さい。

個人的にQUICPayはスムーズに支払いができるので、重宝しています。ちなみに、私はオリコザ・カードのQUICPayを使用しています。

恐らくポイント還元はバッジカラーに連動した基準だと思われますので、最大2.0%のポイント還元でしょうか。

例えば楽天Edyならばチャージ額が3%増額キャンペーン等あるので、ポイント還元率ならば楽天Edyの方が良いかもしれません。

コード決済をした場合には、ポイント3%上乗せ

今回発表の大目玉はこれですね。

2018年8月から1年間は「グリーン:2%」「ブルー:1%」「レッド:0.5%」「ホワイト0%」の従来のポイント還元率に加えて、QRコード決済・QRコード支払いをした場合には、3%のポイント上乗せとなります。

したがって、今までのインセンティブと比較してQRコード決済をした場合は下記の通りになりました。

バッジカラー カード支払い QRコード決済
グリーン ポイント還元率2% ポイント還元率5%
ブルー ポイント還元率1% ポイント還元率4%
レッド ポイント還元率0.5% ポイント還元率3.5%
ホワイト ポイント還元率0% ポイント還元率3%

※ポイント還元率は100円当たりで計算

このポイント還元率は凄いです。今の日本ではポイント還元率2%を超えているクレジットカードはほぼありませんので、5%となることは最強の決済手段となったのではないでしょうか。

また、LINE Payでは1ヶ月に10万円までが対象との制限がありましたが、QRコード決済においては10万円という制限がありません。

そのため、10万円でも100万円でもQRコード決済する限り、3%~5%のポイントが貰えることになります。

<スポンサーリンク>




でも実際に使える店は限られているんでしょ?

調べてみたら、意外と多いです。

LINE PayのQRコード決済ができる店舗を調べてみた。多い?少ない?こんにちは、けんちょぴです。 LINEのニュースでもあったように、QRコード決済(QRコード支払い)で3%のポイント還元が上乗せされま...

多いですが、普段行くような店は少なく聞いたことがない店舗がほとんどでした。はやく全国的に普及してほしいですね。

LINE Payのまとめ

最大5%のポイント還元率は凄いですね。しかし、まだQRコード支払いできる店舗は限られているので、今後に期待しています。

特に2020年オリンピックまでにはキャッシュレス化が急速に進むと考えているので、楽観的に考えています。

ABOUT ME
けんちょぴ
けんちょぴです。 2016年大学卒で保険SEの仕事をしています。 主に株式投資や仮想通貨、クラウドファンディングなどの運用について書いていきます。 その他保険関係、システム関係、面白そうなことを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です