銘柄

TOKAIが長期保有できる点を説明。株主優待はおすすめで今後にも期待です。

こんにちは、けんちょぴです。

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待は年2回あり長期保有中です。なんで株を購入しましたのか、どのような魅力があるのか解説していきます。

(以下よりTOKAIとする)

TOKAIの事業内容は?

TOKAIは静岡が本拠地にしていて、東海地方では有名な企業のようです。CMもよく流れているようですね。(私は関東圏ですので、有名なのかは正直分かりません)

TOKAIガスやTOKAIケーブルネットワークがあるように、主に『ガス及び石油』、『情報及び通信サービス』、『CATV』、『建築及び不動産』、『アクア』、『その他(婚礼保険代理店)』の6つの事業に分けることができます。

実に静岡県、関東を中心に288万件のお客様が存在します。その中でも現在は『ガス』、『ブロードバンド』、『CATV』が中心で、2017年からはMVNOでもある格安SIM事業『LIBMO(リブモ)』にも乗り出しました。

事業自体安定しているためなのか、「あいおいニッセイ同和損害保険」や「東京海上日動火災保険」、「静岡銀行」、「三井住友銀行」、「みずほ銀行」など金融系の会社が筆頭株主となっております。(株式保有順)

このような金融系の会社は流動資産を持つことを義務付けられています(でしたっけ?)。そのため、「資産として計算できている≒株価が落ちにくい」ということだと思っています。

<スポンサーリンク>

TOKAIの業績はどうなの?

2017年度は過去最高益を達成しており、今後も伸びが予想されます。

TOKAIの収益

引用;TOKAIホールディングス決算資料(20108/5/9)

M&Aも積極的です。CATVは2社をM&Aしています。それは東京23区の東京ベイネットワークと岡山県のテレビ津山です。ガス事業に関しても既に確定しており、現在26案件の1,900億円のM&A案件を検討しているようです。

中期経営計画も強気で、売上高を2016年から4年間の間に2倍とすると発表しています。M&Aを含む見込みのためでしょうか。

ROEは10%を越えておりますので、優良企業と言っても良いでしょう。

(ROEは日本企業の場合、5%が平均的で10%を超えると優良企業と言われています)

TOKAIの中期経営計画

引用;TOKAIホールディングス決算資料(20108/5/9)

格安SIMであるLIBMOの会員件数は14万件まで伸ばす計画ですので、情報通信事業も今後にも期待が持てます。

顧客件数も順調に増えており、2017年度は31万件(12.2%)の増加でした。

TOKAIの株主優待は何?

9月末日と3月末日に100株以上保有者に株主優待の権利が与えられます。実際に株主優待の案内が来るのは、およそ3ヶ月後の6月と12月です。案内が来てから実際にはがきで株主優待を申し込みますが、申し込み後およそ1ヶ月後に届きます。

その中でもTOKAIの株主優待は大きく分けて4つあります。

共通. ヴォーシエル20%OFF券&グランディエールブケトーカイ10%OFF

ヴォーシエル20%OFF券です。写真は1枚ですが、実際は12枚綴です。

ヴォーシエル20%OFF券

グランディエールブケトーカイ10%OFF

グランディエールブケトーカイ10%OFF

結婚式は何回も行わないと思われますが、出費が高くなりますので、10%OFFは嬉しいですね。

A. アクア商品

これが大きな目玉です。保有株数に応じて、『富士の天然水きらり』または宅配サービスでもある『おいしい水の宅配便』が貰えます。

  • 100-299株   おいしい水の宅配便 → 12L × 1本 または
           富士の天然水きらり → 500ml × 12本 
  • 300-4,999株  おいしい水の宅配便 → 12L × 2本 または
           富士の天然水きらり → 500ml × 24本 
  • 5,000株以上 おいしい水の宅配便 → 12L × 4本 または
           富士の天然水きらり → 500ml × 48本 

100-299株はおよそ2,050円相当、300-4,999株は4,100円相当、5,000株以上は8,200円相当となっており、全株主優待の中でお得度が一番あります。

水はいくらあっても困らないので、おすすめの株主優待です。

B. 商品券

商品券を選択すると、保有株数に応じてQUOカードが貰えます。

  • 100-299株  500円分
  • 300-4,999株 1,500円分
  • 5,000株以上  2,500円分

クオカードは使用期限等気にする必要が無いので、人気の株主優待です。

C. ヴォーシエルお食事券

ヴォーシエルで使用できるお食事券が保有株数に応じて貰えます。

  • 100-299株  1,000円分
  • 300-4,999株 3,000円分
  • 5,000株以上  5,000円分

ヴォーシエルってどこだよと思った方、実はJR静岡駅前葵タワー最上階(25F)で運営するレストラン名のようです。地上110mで市内を一望できるスカイレストランで、夜景が綺麗なようです。静岡に立ち寄った時にはぜひ訪れてみてください。
(ヴォーシエルのHPはこちらです)

株主優待時に一緒に同封されているヴォーシエルの20%OFF券と、このお食事券は併用可能のようです。

静岡県民にとっては嬉しい株主優待ですので、素敵な夜景が見たい方は選択する候補に入ると思います。静岡駅にしかありませんので、静岡県民以外には使いづらい優待ですね。

D. TLCポイント

TLCポイント

TLCポイントとはTOKAIのTOKAIの自社ポイントです。いわゆる楽天ポイントやTポイントのようなポイントです。こちらも保有株数に応じて貰えるポイントが変動します。

  • 100-299株  1,000ポイント
  • 300-4,999株 2,000ポイント
  • 5,000株以上  4,000ポイント

このTLCポイントポイントはTOKAIグループのLPガスやアクア等の支払いに充当することができます。

この株主優待ってめっちゃお得です。実はこのTLCポイントはWAONと交換することができます。

ミニストップやイオン系列のお店が近所にあるならば、クオカードよりも還元率がよくおすすめです。1TLCポイントから1WAONに交換できるので、端数を気にしなくて良いのが地味に嬉しいです。恐らく交換手数料もないので、貰ったポイント丸々WAONに使用することができます。

以前まではSuicaとも交換できたのですが、受付終了となってしまったようです。

残念なことに、このTLCポイントを貰うにはTLC会員にならなくてはなりません。TLC会員は対象サービスを利用している人のみが発行できるようです。対象サービスは「LPガス、都市ガス、アクア、インターネット、LIBMO、ケーブルテレビ、インテリジェントホーム、セキュリティ、電気」です。(詳細はこちら

私はLIBMOを契約したので、TLC会員になれますが、上記のどのサービスも利用していない方は、TLC会員になることができません。

特別. LIBMOの月額料金割引

LIBMOの株主優待

こちらは特別コースとして設置されていました。残念なことに2018年3月権利確定者で終了してしまったので、2018年9月からはこのコースはありません。(復活等の案内は今のところありません)

LIBMOはTOKAIコミュニケーションズが提供している格安SIMです。10分かけ放題の音声通話を選択する必要がありますが、なんと1年間1,880円引きです。

私はこの株主優待を使用して、月々のスマホ代を600円ほどに抑えるつもりです。

LIBMOについての詳細を調べる

あわせて読みたい
【格安SIM】LIBMOの申し込み方法から始め方まで説明しますこんにちは、けんちょぴです。 先日格安SIMであるLIBMOを申し込みました。せっかくなので、LIBMOの申込方法から使用するまでを説...

株主優待のまとめ

株主優待 100-299株 300-4,999株 5,000株以上
アクア商品 12Lボトル×1本
or
500ml×12本
12Lボトル×2本
or
500ml×24本
12Lボトル×4本
or
500ml×48本
クオカード 500円分 1,500円分 2,500円分
ヴォーシエルお食事券 1,000円分 3,000円分 5,000円分
TLCポイント 1,000円分 2,000円分 4,000円分

TOKAIの株主優待の中で、誰にでもおすすめなのは『アクア商品』または『クオカード』です。

静岡県民ならば『ヴォーシエルお食事券』も良し、TLCポイント会員ならば『TLCポイント』と、その人にあった株主優待を選択することができます。

TOKAIの配当はいくら?

2018年度の配当は特別配当を含めて1株28円(22円+6円)と増配されました。

TOKAIの配当金
引用:TOKAIホールディングスHP

グラフを見ると、ほとんど変わらない水準でしたが、2016年から増配を続けております。

しかし、配当性向は43%と日本企業では平均的な値です。参考までに、高配当でもあるオリックス(8591)であれば、配当性向は27%となっております。

あわせて読みたい
オリックスの株を購入した理由は…株主優待・高配当・業績の点が魅力!こんにちは、けんちょぴです。 私はオリックスに魅力を感じ、株を購入しました。どのような魅力があるのか解説していきます。 オリックスの...

配当性向が高ければ高いほど良いと言うわけではありません。配当性向が低ければそれだけ事業投資に回せますので、株価の伸びが期待できますしね。

株価が現在(2018/6/24)1,091円ですので、配当利回りはおよそ2.6%です。

TOKAIの魅力のまとめ

<TOKAIの株価の推移>

TOKAIの株価の推移

およそ500円から地道に右上がりで成長しています。2018年に入り、1,000円を割っていませんが、少し下落気味です。

上記をまとめると、投資してよい企業と判断できますが、大幅な値上がりはそこまで期待できないでしょうか。株主優待目当てで100株保有しておくのが一番良い選択かと思われます。

  • 株主優待が豊富
  • 株価が緩やかに右肩上がり
  • 4年後には売上2倍を目標
  • M&Aによる成長も見込める

株を購入するならGMOクリック証券がおすすめです。

あわせて読みたい
株取引で初心者におすすめするのはGMOクリック証券!!こんにちは、けんちょぴです。 株は大学生からはじめて、今まで5社のネット証券を開設しています。 今回紹介するGMOクリック証券はメイ...
ABOUT ME
けんちょぴ
けんちょぴです。 2016年大学卒で保険SEの仕事をしています。 主に株式投資や仮想通貨、クラウドファンディングなどの運用について書いていきます。 その他保険関係、システム関係、面白そうなことを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です