株取引で初心者におすすめするのはGMOクリック証券!!

株取引で初心者におすすめするのはGMOクリック証券!!

こんにちは、けんちょぴです。
株は大学生からはじめて、今まで5社のネット証券を開設しています。

今回紹介するGMOクリック証券はメインで使用しています。なぜ私がGMOクリック証券をメインで使用しているのか、おすすめポイントを説明していきます。
あくまでまずは、余剰資金の株主優待メインの株初心者を対象に書いています。「バンバンデイトレやりたいぜ。」って方には合わないかもしれません。

1.GMOクリック証券は手数料が安い

株初心者が株式売買で一番気にするのは手数料だと思います。だって多くの手数料払いたくないですよね?

この手数料面で考えると、野村・大和・SMBC日興証券など大手証券会社は手数料の桁が違ってきますので選択肢に入りません。もちろん大手証券会社にも魅力はありますが、株初心者はネット証券から始めて良いです。

GMOクリック証券の最大のメリットは手数料の安さにあると思います。
そのネット証券の中でもGMOクリック証券の手数料は、実際どのぐらいなのか大手ネット証券で比較してみました。1約定ごとのプランで比較し、他社は2018年度参考価格の税込み表示です。

証券会社

~10万円

~20万円 ~50万円 ~100万円
GMOクリック証券 95円 105円 260円 470円
SBI証券 97円 113円 270円 525円
楽天証券 97円 113円 270円 525円  
松井証券 0円 324円 540円 1080円
マネックス証券 108円 194円 486円 1620円
カブドットコム証券 97円 194円 270円 1069円

上記から、GMOクリック証券は他社と比較しても手数料が安い!ことが分かったのではないでしょうか。
1約定ごとのプランと1日定額プランがありますが、基本的に1約定ごとで良いと思います。
コストに厳しい株主優待名人の桐谷さんもGMOクリック証券を使用しているようです。
ちなみにNISA口座の場合、買い付け金額が限られていますが、売買手数料は無料です。

<スポンサーリンク>

2.GMOグループの株を持っていると手数料キャッシュバック

手数料は業界最安水準でありますが、GMOグループの株式を100株以上保有していることで、さらにキャッシュバックを受け取ることができます。私はGMOインターネットの株式を保有しており、キャッシュバックを毎回全額受けているので、株式売買に掛かる手数料を払ったことはありません。正確には支払った手数料が戻ってきます。

会社名 最大キャッシュバック 参考価格(2018/3/4時点)
GMOインターネット(9449) 5,000円 1,900円
GMOフィナンシャルHD(7177)
(前GMOクリックHD)
3,000円(※1) 729円
GMOアドパートナーズ(4784) 3,000円 478円
GMOクラウド(3788) 3,000円(6カ月以上継続保有) 2,370円
GMOペパボ(3633) 1,500円(※2) 2,945円

株数に応じてキャッシュバック額の変化
※1 100株:3,000円、300株:5,000円、500株:7,000円、1,000株:10,000円、3,000株:13,000円、5,000株:15,000円
※2 100株:1,500円、200株:3,000円

これらは組み合わせることも可能であるため、1年で最大2万9千円のキャッシュバックが可能です。
株主優待狙いならば、1ヶ月に数回しか取引はしないためGMOインターネットの株さえ持っておけば、十分キャッシュバックの範囲になるはずです。最安値ならば、GMOアドパートナーズですが、それでもGMOインターネットの株を保有することをおすすめします。

3.GMOクリック証券はスマホアプリが充実している

iPhone向けのiClick株やAndroidの株roidと、スマホ向けのアプリが使いやすいです。
スマホから株式売買はもちろんですが、PCで「この株注目しておこう」とウォッチリストに追加すると、自動的にアプリにも同期が取れます。もちろん他社もアプリ開発はありますので、そこまで変わらないかもしれません。

4.GMOクリック証券の財務分析機能

企業情報の見方が分からないと、株価が割安なのか割高なのかさっぱり分かりませんよね。
そんな時に、下記の機能です。


 ※GMOクリック証券より引用

この通り、会社業績に対して株価が割安や割高と自動で計算してくれます。
これだと今は買いのチャンスとか、今が売るべきと一目で分かりますよね。
もちろんこの機能は指標の一つです。株価が割安でも株価が下がる場合も、割高でも株価が上がる場合があります。

5.GMOクリック証券の業界規模

GMOクリック証券は口座開設数や預り資産残高、売買代金などSBI証券、楽天証券、松井証券等から大きく引き離されています。しかし、個人的には手数料も安く、金融機関としての総合力もSBI証券や楽天証券等に劣っているとは思いません。
実際に「FX年間取引高」は2012年から6年連続「世界一位」になっています。株取引とFX取引は違うものの、本質は同じです。機能の充実さがGMOクリック証券が使用されている理由の一つではないでしょうか。

GMOクリック証券のまとめ

GMOクリック証券は株初心者にもおすすめですが、下記のような他サービスも利用可能です。

FX、IPO、投資信託、先物取引、債権、maneo(ソーシャルレンディング)なども同一ユーザーIDで使用できる。

シングル・サインオンという、ユーザーIDを一元管理をしているため、一つのユーザーIDで使用できます。
上記よりGMOクリック証券は株初心者に超絶おすすめの会社です!
GMOクリック証券の登録はこちらから!!