格安SIM

LIBMOのエントリーパッケージは本当にお得か?リブモ使用者が徹底検証してみた

LIBMO(リブモ)はAmazonでもエントリーパッケージという商品を売っています。

このエントリーパッケージは、通常契約にはない様々な特典があります。例えば、通常契約事務手数料(初期費用)が掛かりますが、それが無料になるなどです。

しかし、そのようなエントリーパッケージの特典は本当にお得なのか?徹底検証していきます。

LIBMO(リブモ)エントリーパッケージとは?

エントリーパッケージはAmazonから購入できます。特徴は、すごく簡単に言うと、新規契約やMNP時に掛かるはずの『契約事務手数料が無料』になる、お得な申込み方法です。

エントリーパッケージ自体、LIBMO(リブモ)公式サイトに記載がないため、怪しいと思う方もいるかも知れませんが、そこは心配ありません。

もちろん新規契約や、ドコモ・au・ソフトバンクなどからのMNP転入も可能です。

<スポンサーリンク>

LIBMO(リブモ)エントリーパッケージの特典

①事務手数料3,000円分(税別)が無料

エントリーパッケージは、この事務手数料が無料となるのが一番の目玉です。

格安SIMを検討している方は、いかにスマホの通信費を減らすのか考えているかと思います。そのため、事務手数料と言えども3,000円分(+税)が無料となるのは嬉しいですね。

実際にはAmazonでエントリーパッケージを購入するのに400円(+税)掛かりますので、おおよそ2,600円分ぐらいがお得となります。

②Amazonプライム会員1年間無料で使える

Amazonユーザーにとっては嬉しい特典です。Amazonプライム会員と言えば、年間4,900円掛かる有料会員です。その5,000円弱が無料となるのは嬉しいですね。

新規の方も既存の方も両者適用されます。既にプライム会員の方は翌年適用となりますのでご注意ください。

注意点としては『音声通話SIM』購入者のみが対象です。データ通信専用SIMやSMS対応SIMのみの方はこのAmazonプライム1年間無料が選べません。

また、『音声通話SIM』には、ライトプランから30GBプランまで、6種類のプランがあります。

容量月額利用料
ライトプラン1,180円
3GBプラン1,580円
6GBプラン2,180円
10GBプラン2,980円
20GBプラン4,680円
30GBプラン6,580円

Amazonプライム1年間無料となるのは3GB以上(ライトプラン以外)ですので、ご注意ください。

Amazonプライム1年間無料の対象者

音声通話SIMを選んだ方のみ(ライトプランは除く)

③最大400円/3ヶ月間割引がある

データ専用SIMやSMS対応SIMを選んでしまって、Amazonプライム1年分無料を受けられなかった方や、そもそもAmazonプライムに興味が無い方は、最大400円/3ヶ月間を受けられます。

『最大400円/3ヶ月間割引』の対象者

Amazonプライム1年間無料を選択していない方 かつ

  • 音声通話SIM
  • データ通信+SMS対応SIM
  • データ通信専用SIM

LIBMO(リブモ)エントリーパッケージ利用の流れ

Amazonでエントリーパッケージを申し込めば、SIMカードがすぐ届くわけではありません、エントリーパッケージ購入から初期設定まで、下記の通り手順を追う必要があります。

  1. Amazonにてエントリーパッケージ購入
  2. エントリーパッケージ受け取り
  3. 専用webサイトから申し込み
  4. SIMカード受け取り
  5. 初期設定設定

LIBMO(リブモ)エントリーパッケージのデメリット

各種キャンペーンの特典が受けられない

最大のデメリットが、公式キャンペーンを受けられないことです。下記のLIBMO(リブモ)公式HPから分かるように、様々なキャンペーンを実施しています。

▼お得なキャンペーンを今すぐ探す▼

LIBMO公式HPへ👈

過去にどのようなキャンペーンがあったのか気になる方は、下記にてまとめています。

【過去分も網羅】LIBMO(リブモ)キャンペーンをまとめました!お得な制度ばかりですこんにちは、けんちょぴ(@kenchopi17)です。 格安SIMの一つでもあるLIBMO(リブモ)。東海地区を中心に契約者が増え...

利用まで時間が掛かる

Amazonでエントリーパッケージを申し込めば、SIMカードがすぐ届くわけではありません、利用までの流れは、エントリーパッケージが届き次第、下記の通り手順を追う必要があります。

  1. Amazonにてエントリーパッケージ購入
  2. エントリーパッケージ受け取り
  3. 専用webサイトから申し込み
  4. SIMカード受け取り
  5. 初期設定設定

通常のLIBMO(リブモ)公式HPからの申込みの場合、『③専用webサイトから申し込み』となります。そのため、エントリーパッケージは手順が①、②と2ステップほど増えます。

とは言っても、Amazonで購入することやエントリーパッケージ受け取りは、そこまで手間ではありません。SIMカードを受け取るのに少し時間が掛かるぐらいです。

けんちょぴ
けんちょぴ

手間は掛かるものの、そこまで負担とはならない。

LIBMO(リブモ)エントリーパッケージと公式キャンペーンからの申込みは、どちらがお得なのか比較

LIBMO(リブモ)では大きく3種類の契約方法があります。

  • データ通信専用SIM(データ通信のみ)
  • SMS機能付きSIM(データ通信+SMS)
  • 音声通話付きSIM(データ通信+音声通話+SMS)

2019年6月現在通常の公式キャンペーン申込みでは『音声サポートプログラム』というキャンペーンを行っています。このキャンペーンは、音声通話機能付きSIMを申し込んだ場合、月額利用料を最大6ヶ月間600円/月割引となります。

これに対して、エントリーパッケージでは『Amazonプライム利用』または、『400円/3ヶ月間』の2つの特典があります。

下記それぞれのパターン毎に、『公式キャンペーン』と『エントリーパッケージ』のどちらがお得になるのか検討していきます。

容量データ通信専用SMS機能付きSIM音声通話付きSIM
ライトパターン①パターン②
3GBパターン③パターン④パターン⑤
6GB
10GB
20GB
30GB

▼当ブログ限定キャンペーンあります▼

LIBMO公式HPへ👈

パターン①データ専用SIM&SMS機能付き(ライトプラン)

ライトプランの場合、Amazonプライム1年間無料は対象外です。そのため、400円×3ヶ月間を利用するコースとなります。

また、データ専用SIMとSMS機能付きと言った、音声通話SIM以外は公式キャンペーンでの音声サポートプログラムが対象外です。そのため、公式キャンペーンの割引類は一切ありません。

Amazonプライム1年間無料のケース

前述のとおり、ライトプランの場合、Amazonプライム一年間無料は適用されません。

400円×3ヶ月間割引のケース

400円×3ヶ月間公式キャンペーンエントリーパッケージ
初期費用0円3,000円-400円
月額割引0円400円×3ヶ月
その他0円0円
合計0円3,800円(+税)

つまり、『データ専用SIM&SMS機能付き(ライトプラン)』で400円×3ヶ月間割引の場合、エントリーパッケージの方が3,800円(+税)お得です。圧倒的な差です。

パターン②音声通話付き(ライトプラン)

ライトプランの場合、Amazonプライム1年間無料は対象外です。そのため、400円×3ヶ月間を利用するコースとなります。

また、公式キャンペーンでは音声サポートプログラムを受けられるので、600円×6ヶ月となります。まとめると下記の通りです。

Amazonプライム1年間無料のケース

Amazonプライム公式キャンペーンエントリーパッケージ
初期費用0円3,000円-400円(+税)
月額割引600円×6ヶ月(+税)0円
その他0円4,900円
合計3,600円(+税)7,500円(+税)

『音声通話付き(ライトプラン)』でAmazonプライム1年間無料の場合、エントリーパッケージの方がおおよそ4,000円(+税)お得です。

400円×3ヶ月間割引のケース

公式キャンペーンエントリーパッケージ
初期費用0円3,000円-400円(+税)
月額割引600円×6ヶ月(+税)400円×3ヶ月(+税)
その他0円0円
合計3,600円(+税)3,800円(+税)

『音声通話付き(ライトプラン)』で400円×3ヶ月間割引の場合、エントリーパッケージの方がおおよそ200円と僅かながらお得です。

パターン③データ専用SIM(ライトプラン以外)

データ通信専用は、音声サポートプログラムの対象ではありませんので、通常申込みではキャンペーン適用となりません。そのため、丸々エントリーパッケージの方がお得となります。

Amazonプライム1年間無料のケース

公式キャンペーンエントリーパッケージ
初期費用0円3,000円-400円(+税)
月額割引0円0円
その他0円4,900円
合計0円7,500円(+税)

『データ専用SIM(ライトプラン以外)』でAmazonプライム1年間無料の場合、エントリーパッケージの方がおおよそ7,500円(+税)お得です。

400円×3ヶ月間割引のケース

こちらも同様に公式キャンペーンは適用されませんので、エントリーパッケージの方が丸々お得です。

公式キャンペーンエントリーパッケージ
初期費用0円3,000円-400円(+税)
月額割引0円400円×3ヶ月(+税)
その他0円0円
合計0円3,800円(+税)

『データ専用SIM(ライトプラン以外)』で400円×3ヶ月間割引の場合、エントリーパッケージの方がおおよそ3,800円(+税)お得です。

パターン④SMS機能付きSIM(ライトプライン以外)

残念ながら、こちらも音声サポートプログラムの対象ではありませんので、エントリーパッケージの方がお得です。

パターン③データ専用SIM(ライトプライン以外)と同様ですので、割愛します。

パターン⑤音声通話付きSIM(ライトプライン以外)

音声通話付きは音声サポートプログラムの対象です。そのため、通常申込みでは最大600円×6ヶ月=3,600円のお得になります。

既出の『パターン②音声通話付き(ライトプラン)』と同様です。

Amazonプライム1年間無料のケース

Amazonプライム公式キャンペーンエントリーパッケージ
初期費用0円3,000円-400円(+税)
月額割引600円×6ヶ月(+税)0円
その他0円4,900円
合計3,600円(+税)7,500円(+税)

『音声通話付き(ライトプラン以外)』でAmazonプライム1年間無料の場合、エントリーパッケージの方がおおよそ4,000円(+税)お得です。

400円×3ヶ月間割引のケース

公式キャンペーンエントリーパッケージ
初期費用0円3,000円-400円(+税)
月額割引600円×6ヶ月(+税)400円×3ヶ月(+税)
その他0円0円
合計3,600円(+税)3,800円(+税)

『音声通話付き(ライトプラン以外)』で400円×3ヶ月間割引の場合、エントリーパッケージの方がおおよそ200円と僅かながらお得です。

▼当ブログ限定キャンペーンあります▼

LIBMO公式HPへ👈

つまり公式キャンペーンより、LIBMO(リブモ)エントリーパッケージの方がお得に利用できる

いずれの場合も、エントリーパッケージの方がお得に運用できることが分かりました。

結局ここまで何を言っているのか分からなくなった方のために、『Amazonプライム1年間無料コース』と『400円×3ヶ月間のコース』に分けてまとめました。消費税は考慮していため、若干の誤差はあります。

Amazonプライム1年間無料のコース

容量データ通信専用SMS機能付きSIM音声通話付きSIM
ライト3,900円
3GB7,500円7,500円3,900円
6GB
10GB
20GB
30GB

400円×3ヶ月間割引のコース

容量データ通信専用SMS機能付きSIM音声通話付きSIM
ライト3,800円200円
3GB3,800円3,800円200円
6GB
10GB
20GB
30GB
けんちょぴ
けんちょぴ

結局どのプランでも、エントリーパッケージの方がお得!

最後まで読んだ方限定:実はLIBMO(リブモ)公式キャンペーンの方がお得になる方法

最後まで読んでいただいた方限定で、公式キャンペーンの方がお得になる方法を紹介します。

難しいことはありません。なんと、当サイトからLIBMOの申し込みで通常キャンペーンとは別に限定キャンペーンが適用されます。

限定キャンペーンとは6ヶ月間400円引きです。つまり6ヶ月×400円=2,400円引きです。これに通常キャンペーンを足せば、エントリーパッケージよりもお得になります。

Amazonプライム1年間無料のコース

赤文字箇所が、公式キャンペーンの方がお得なケースです。

容量データ通信専用SMS機能付きSIM音声通話付きSIM
ライト2,400円1,500円
3GB5,100円5,100円1,500円
6GB
10GB
20GB
30GB

400円×3ヶ月間割引のコース

赤文字箇所が、公式キャンペーンの方がお得なケースです。

容量データ通信専用SMS機能付きSIM音声通話付きSIM
ライト1,400円2,200円
3GB1,400円1,400円2,200円
6GB
10GB
20GB
30GB
けんちょぴ
けんちょぴ

当ブログからの申込みで、お得になるケースもあるよ!

▼当ブログ限定キャンペーンあります▼

LIBMO公式HPへ👈

最後に:LIBMO(リブモ)エントリーパッケージのまとめ

今回は音声サポートキャンペーンを例にとって紹介しました。他の公式キャンペーンの場合、公式キャンペーンの方がお得に、エントリーパッケージの方がもっとお得になる場合もあります。参考までに、過去にどのようなキャンペーンがあったのか気になる方は、下記にてまとめています。

【過去分も網羅】LIBMO(リブモ)キャンペーンをまとめました!お得な制度ばかりですこんにちは、けんちょぴ(@kenchopi17)です。 格安SIMの一つでもあるLIBMO(リブモ)。東海地区を中心に契約者が増え...

もっともっとLIBMOをお得に利用したい方は、株主優待を利用するのも一つの手です。LIBMOであれば、半年間最大11,280円(1年22,560円)割引となる優待もあります。

【LIBMO検討者必見】最大11,280円引きの株主優待はリブモだけ!スマホをお得に運用こんにちは、けんちょぴ(@kenchopi17)です。 毎月のスマホ代金を少しでも安くしたいと思って格安スマホ(格安SIM)にした...

安いけど、結局通信速度遅いんでしょ?と思う方は、こちらの記事がおすすめです。1ヶ月感通信スピードを計測してみました。結論から言うと、確かにキャリアより数字上では劣るものの、体感速度は全然気になりません。

【1ヶ月間検証】LIBMO(リブモ)の通信速度は遅い?実際に使って全く問題なしこんにちは、けんちょぴ(@kenchopi17)です。 『格安スマホのLIBMOって、docomoやau、ソフトバンクと比較して通...

ここまで読んで、LIBMOを申し込もうと思った方は下記の記事で申し込み手順をまとめています。

【格安SIM】LIBMO(リブモ)の申し込み方法から始め方まで説明しますこんにちは、けんちょぴ(@kenchopi17)です。 先日格安SIMであるLIBMOを申し込みました。せっかくなので、LIBMO...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です