節約

【若手幹事必見】飲み会で得するポイント取得方法を教えます!

飲み会でお得なサイト

会社の飲み会で、幹事を引き受けることありますよね。なんでこんな面倒くさいことしなくちゃいけないのかと。

しかも、あんま乗る気じゃないのに、こんなのにお金払わなくちゃいけないのかと。少しでもお金を払いたくないですよね。

そんな方は必見です。

今回は幹事前提で、少しでもお金を浮かす方法、少しでもお得にできる方法を紹介します。

大勢いる場合は、普通に実質プラスにもなります。

たった一つ変更するだけですので簡単です。予約するサイトを変更すれば良いだけです。

実際に、お得にポイントが貰えるサイトを紹介していきます。

これから書くことは、飲み会の幹事を引き受ける方必見です。

居酒屋予約のサイトを見直せば、飲み会をすることで得できます。

DDポイント

DDポイントはあまり馴染みがない会社かもしれません。

このDDホールディングスが運営している飲食店を予約すると、DDマイルという独自のポイントが貯まります。

DDポイントのメリット

ポイント還元率が凄い

何と言ってもこの還元率が魅力です。飲み放題コースや、アラカルトでも平均予算の10%相当がDDマイルとしてポイントが貯まります。

使用した金額の10%ではないため、注意が必要です。おおよそ一人当たり、400ポイント~500ポイントが多いようです。

例えば部署の歓迎会、送迎会、忘年会や新年会など10人は集まります。1名あたり500ポイントの飲み放題コースにすれば、普通に5,000ポイント貰えます。

ポイントは次回以降に1ポイント=1円から使えたり、様々な商品と交換することができます。商品と交換する場合は、1ポイント=1円よりも価値が落ちます。

ポイントはレシート上に表示されない

もちろんレシート上にはポイントは表示されないので、予約者しか分かりません。

DDホールディングスが運営している店舗は、ぐるなびやホットペッパーからも予約できます。

その他のポイントとも併用できるとありますが、二重でポイント取得できるのでしょうか。こちらは試したことがないので、分かりません。

宴会コンシェルジュが使える

私は使用したことがありませんが、宴会コンシェルジュが使えます。

歓迎会、送迎会、忘年会などお店予約するのが面倒くさい時に、活躍するサービスです。

専用オペレーターに電話すれば、カジュアルな居酒屋から専門店、レストランなどDDグループが運営する400店舗の中から最適なお店を提案してくれます。

DDポイントのデメリット

店舗数が多くはない

店舗数はあまり多くはありません。400店舗とありますが、首都圏を中心に多いです。

新宿や池袋、上野等大きな駅にはたくさん店舗がありますが、普通の駅であれば1店舗あれば良い方です。

少し割高な気がする

平均予算の10%相当分がポイント還元のためなのか、少し料理やドリンクの値段が高く感じる店舗もあります。

人数が多ければ多いほど、そんなの関係なくなりますけどね。

DDポイントに登録する

<スポンサーリンク>

ぐるリザ

ぐるリザのメリット

ポイント還元率が高い

独自のポイントが貰えます。

DDマイルと違って、実際に支払った金額からキャッシュバックとなります。凄いところは最大50%分のキャッシュバックもあります。

少人数でも、普通に1万ポイント分貯まったりするので、コスパが良すぎます。

ポイントキャッシュバックがばれない

クーポン取得後に表示されるタイム割IDという番号を予約時にお店の方に伝えますので、店頭でのクーポン提示の必要がありません。

後日マイページから利用申請をすればよいだけですので、ポイントキャッシュバックが周りにバレることはありません。

宴会や飲み会・合コン・デート・同僚や後輩との食事など利用シーンを選ばずに、こっそり使えます。

ポイントはAmazon等に変えられる

ポイントはAmazonギフト券を筆頭に様々な商品と変えられます。

Amazon以外にも、現金に変えられる『PointExchange』や電子マネーに変えられる『PeX』が使用できます。

現金やAmazonギフト券に変えられるのが良いポイントですね。

10Rポイント=1円との表記になっていますが、ちゃんとそれ込みでのキャッシュバックとなっておりますので、安心してください。

ぐるリザのデメリット

店舗数が少ない

店舗数が限られることです。東京都内は多いものの、東京以外はそこまで多くはありません。

さらに現在都道府県も下記6件と多くはありません。

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 愛知
  • 大阪

デメリットはこのぐらいです。店舗数の増加は今後に期待です。

ぐるリザに登録する

ホットペッパー

言わずもがなリクルートのサービスでもある、ホットペッパーです。

ホットペッパーのメリット

店舗数

とにかく店舗数が多いです。全国的に網羅されていますので、地方の方も安心です。

クーポンも存在する

ポイント自体の還元率は低いものの、○名以上で幹事分無料となるクーポンも存在します。

幹事無料がバレなければ、無料で飲食することができますね。

ポイント利用が多岐に渡る

リクルート界隈で使用できるので、バリエーションは豊かです。

たまに期間限定ポイントもありますので、注意が必要です。

ホットペッパーのデメリット

ポイント還元率が低い

ポイント還元率がそこまで良くありません。

しかし、忘年会シーズンになるとポイント5倍10倍のキャンペーンも行うこともあります。

そのような時にはホットペッパーでも還元率が、ぐんと上がります。ただ、残念ながら期間限定ポイントや、ホットペッパーでしか使用することができません。そこは注意点です。

クポーン幹事無料はバレる可能性がある

幹事無料ははっきりとレシートに載ります。そのため、レシートの提出を求められたら一発で職場の人にバレます。

バレたくないのであれば『酔っ払っていてなくした』と醜い嘘を付くしかありません。

ホットペッパーに登録する

ぐるなび

こちらもホットペッパーや食べログと言った3大グルメサービスです。

ぐるなびのメリット

ぐるなびのメリットはホットペッパーとほぼ同じです。個人的には、ぐるなびのポイントの方が使いやすく感じます。

ポイントはAmazonやWAON、楽天ポイントなど他サービスにも変えられるのが便利です。

ぐるなびのデメリット

こちらもホットペッパーと同様ですので割愛します。

ぐるなびに登録する

飲み会で得する方法のまとめ

個人的なおすすめ対比表を作成しました。

サイト ポイント 店舗数 おすすめ度
DDポイント ×
ぐるリザ ×
ホットペッパー ×
ぐるなび ×

ぐるリザのキャッシュバックが一番多いものの、DDホールディングスの店舗の雰囲気が好きなので、DDホールディングスを一番におすすめします。

また、支払いはクレジットカード必須です。多くのカードは1%分のポイント還元率ですので、5,000円×10人の場合は500円のポイント還元です。

たった数%と言っても馬鹿にならない値になりますので、日頃からクレジットカードを使用することが良いです。

私は最高記録は、忘年会で5,000円×90人の2.5%の還元率のライフカードを使用したので、1,1500ポイントぐらい貯まりました。

ライフカードは前まで誕生日月に2.5%の還元率だったのですが、改悪によって1.5%まで落ちてしまいました。

今ではLINE Payが最高2%(QRコードならば5%)の還元率を誇りますので、LINE Payカードがおすすめです。

LINE Payのアップデート
LINE Payが更に改善!バッジカラーが絶対的な基準になり上限引き上げにも対応こんにちは、けんちょぴです。 https://kenchopi-note.com/credit/line-pay2 LINE Pay...

しかし、このような一気に50万近く支払うのは困難なので、LINE Payのようなプリペイドカードは不向きかもしれません。

その場合はクレジットカード界の還元率では最高峰の1.2%を誇るリクルートカードがおすすめです。

おすすめのクレジットカードは還元率1.2%のリクルートカード!!クレジットカードの改悪続きにより、還元率がトップ水準となったリクルートカードを紹介します。 リクルートカードのHP ポイント還元...

 

最後にまとめ
  1. 飲み会の場合は、『DDポイント』か『ぐるリザ』から予約するのがおすすめ
  2. 忘年会シーズンは『ホットペッパー』や『ぐるなび』でも還元率が上がる
  3. 必ずクレジットカードで支払いを行い、僅かなポイントも手に入れる

 

ABOUT ME
けんちょぴ
けんちょぴです。 2016年大学卒で保険SEの仕事をしています。 主に株式投資や仮想通貨、クラウドファンディングなどの運用について書いていきます。 その他保険関係、システム関係、面白そうなことを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です