ATM常時無料であった新生銀行の改悪!?代わりのメインバンクはどうする?

ATM常時無料であった新生銀行の改悪!?代わりのメインバンクはどうする?

ゴールデンウィーク真っ只中の2018年5月2日に、銀行系の嫌なニュースが飛び込んできました。
5月1日には、きらぼし銀行が発足し、さっそくシステム障害が起こるなど、ここ最近銀行界隈では良いニュースがありません。

新生銀行のATM手数料の改悪内容とは何か?

今までの新生銀行は、何度入金しても、何度引き落としてもATM手数料が無料でした。新生銀行は単体のATMを持っていないため、他の会社のATMと提携しています。使用できるATMはこちらです。

しかし、2018年10月7日(日)より、新生スタンダードステージの方はATM出金手数料が108円(税込み)掛かるようになります。

<スポンサーリンク>

今まで同様ATM手数料を無料にするにはどうする?

新生ゴールドステージ、または、新生プラチナステージになれば、これまで同様出金手数料は無料のままです。
2018年10月に新生ゴールドステージまたは、新生プラチナステージになるためには、下記条件を2018年8月までに満たす必要があります。

新生ゴールドステージになるには?

下記いずれかに当てはまればよいです。ゴールドステージの条件は多いです。

  1. 預け入れ資産の月間平均残高200万円以上
  2. 外貨預金など所定の投資商品の月間平均残高30万円以上
  3. 新生パワートラストの残高合計100万円以上
  4. 円普通預金などの月間平均残高100万円以上
  5. 新生スマートカードローンの借り入れ月間平均100万円以上
  6. 新生スマートカードローンプラスの借入が1円以上
  7. 新生スマートカードレイクの借入が1円以上
  8. 新生アプラスゴールドカードの自動引き落としが1円以上
  9. パワービルダー(自動積立型外貨定期預金)の引き落としがある
  10. 投信積立にて投資信託を購入する
  11. THEO+の積立の引き落としがある
  12. 新生銀行FXで10万通貨以上約定

上記に加えて、「プリペイドカードGAICAへのチャージ」を検討するようです。

新生プラチナステージになるには?

下記いずれかに当てはまればよいです。ゴールドステージと比較すると、プラチナの方が条件が狭く厳しいです。

  1. 預け入れ資産の月間平均残高2,000万円以上
  2. 外貨預金など所定の投資商品の月間平均残高300万円以上
  3. 新生パワートラストの残高合計1,000万円以上
  4. パワースマート住宅ローンのご利用
  5. ラグジュアリーカードの自動引き落としが1円以上

新生銀行に代わる銀行はどこだ?

一般的なサラリーマンならば、メガバンクでも給与を受け取ると月◯回までATM出金手数料無料ということもあります。実際におすすめの銀行を比較してみました。

三菱UFJ銀行

スーパー普通預金(メインバンクプラス)

「給与の受け取りが1回あたり10万円以上/月」の場合、シルバーステージとなり、提携先コンビニATMの利用手数料が月2回まで無料となります。
スーパー普通預金の詳細はこちらまで。

三井住友銀行

SMBCポイントパック

「給与受取または年金の受取」がある場合、コンビニ等のATM利用手数料が月3回まで無料となります。三菱UFJ銀行と違って三井住友銀行はHPを見る限り、給与の受取額の制限はないようです。
SMBCポイントパックの詳細はこちらまで。

みずほ銀行

みずほマイレージクラブ

給与受取によってATM利用手数料が無料になる制度はないようです。その代わりみずほマイレージクラブカード(クレジットカード)を作成することで、ATM利用手数料が月4回まで無料になるようです。クレジットカード自体も無料で作成できるので、楽さはメガバンクの中ではみずほがリードしているか?
みずほマイレージクラブの詳細はこちらまで。

住信SBIネット銀行

スマートプログラム

・総預金残高月末30万円以上
・総預金残高月末1,000円以上かつ30歳未満
イチオシの銀行で、上記のどちらかに当てはまれば、ランク2となり、月5回までATM利用手数料が無料となります。この2つが比較的達成しやすい条件であり、もちろん他の条件もあります。
スマートプログラムのの詳細はこちらまで。